動かなくなった車→買い取りしてもらえるかお教えします。

車を手放す理由には色々なケースがあります。
性能に不満があったり、また家族構成が変わって車を乗り換えるというパターンも多いですね。

そんな中で動かなくなった車を売るというケースも少なくありません。
動かない原因は多岐にわたりますが、以下のようなものが多くなっています。

  • バッテリー切れ
  • 事故によるダメージ
  • 何らかの故障
  • 車の寿命

動かなくなった車をまた使えるように修理するには、かなりの費用が必要になります。
愛車に強い思い入れがある人などは修理を重ねてでも大切に乗り続けるといったケースもありますが、やはり大半は車を手放すことを考えるでしょう。

動かない車などは1円の価値もないから処分するしかない、と思っていませんか?
でも実は動かなくなった車でもお金に換えられる方法があるんです。

下取りに出す

買い替える車の購入先であるディーラーで引き取ってもらう方法です。
新たに車を買ってくれるお客であるわけですから、動かない車であっても一応下取り対応してもらえます。
ただし下取り価格には期待できません。
動かない車であれば非常に条件が悪いというのは事実ですし、下手をすれば購入予定の車代金から差し引かれてしまうこともあり得ます。

買取業者に売る

動かなくなった車でも、買取の専門業者では下取りよりも高値で売れる場合があります。
買取業者では買い取った車を修理して販売するほか、パーツごとに販売することで利益を得ます。
また日本国内で需要がなくても海外に輸出したり、鉄くずをリサイクル業者に販売するルートも持っています。

このように一見使い道がなくなってしまった動かない車でも、処分を考える前に一度下取りや買取で引き取ってもらう方法を検討してみましょう。

車を処分するだけでもそれなりの費用もかかります。
車を買い替えるのにお金がかかるわけですから、処分代が余計にかかってしまっては勿体ないですよね。

買取業者に売るなら、まずは複数の見積りをもらうことがポイントです。
一括査定のサイトなどを利用すれば自分の車の買取相場も分かる上に、より高値で手放すことが可能になります。
情報の詳細は車の下取り価格をアップさせる方法こちらのサイトです。